お問合わせ

エージェント業務

プロフィール

マテ・カマラス

mate kamaras マテ・カマラス

生年月日:1976年9月21日

出身地:ハンガリー・ミシュコルツ

 

 

 

オフィシャルサイト:

http://mate-kamaras.jp/bio.html

facebook:

http://www.facebook.com/matekamaras.fanclubjapan

略歴

15歳でロックバンドを結成し、リードボーカルとなる。
18歳には、高校のミュージカル『レ・ミゼラブル』ジャン・ヴァルジャン役で舞台デビュー。
1996年には、『フェーム』ニック役を果たす。
高校卒業後には、ブダペストの演劇コースを受け、のち、ロンドンの名門校エルムハースト・ミュージカル・スクールの奨学金を得て渡英。
1997年、世界プレミアとなったウィーンオリジナルキャストで、ロマン・ポランスキーによる 『ダンス・オブ・ザ・ヴァンパイヤズ』に出演。のちに、ヘルベルト役となる。
1998年1月~1999年春には、トート役でブダペストのオペレッタ劇場にて『エリザベート』に出演。
1998年夏には、『ロッキン・ミュージカル・ショー』に参加。
2000年、精力的に舞台出演しヨーロッパ中をツアーする。出演作品は、ノルウェーでの『チェス』(アメリカ人の役)、ウィーンでの『ウェスト・サイド・ストーリー』(トニー役)、そして同じくウィーンでの『ファルコ・ア・サイバー・ショー』等。
また、ミュージカル『ジョゼフ・アンド・ジ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート』ではファラオ役で登場した。
彼をスターダムに押し上げたのは、紛れもなく2003年~2005年にウィーンで開催された、ディレクター・ハリー・クーファーによるオリジナル版再演『エリザベート』で、トート役を演じた時と言えよう。合計公演回数は500回で、DVDはプラチナム・ディスク×4、CDはゴールド・ディスク×2を獲得する程の人気作品であった。
マテの初来日は、2007年オリジナル・ウィーン版『エリザベート』の日本ツアーで、東京都大阪の2都市を回る。同年、姿月あさと、武田真治等との共演でミュージカルコンサート『スーパー・ライブ』に出演し、東京、大阪公演を行う。
2008年、『ウィーン・ミュージカル・コンサート』では、ソロイストの一人として再来日を果たす。
2009年、『スーパー・ライブ Vol.2-LOVE LEGEND』公演にて2都市13公演を、姿月あさとと、2007年『エリザベート』で共演したルカス・ペルマンとのジョイントで回る。
2010年には、『フランク&フレンズ/ミツコ』コンサート公演では、ブロードウェイの音楽家フランク・ワ
イルドホーンや、世界の名優達と共演し来日を果たす。合憲11公演を日本語、英語、ドイツ語で歌い
上げた。この年、地元ミシュコルツ(ハンガリー)より、彼の活躍が認められ、市民栄誉賞を受賞する。同年の出演ミュージカルと言えば、『切り裂きジャック』でのオリジナルキャストメンバー等がある。
2011年では、ミュージカル『ミツコ』(小池修一郎氏演出による世界初演にて再び来日を果たし、ミツコの夫役としてハインリッヒ・グーデンホーフを演じる。東京、大阪、名古屋で合わせて36公演を全て日本語で演じ、歌い上げた。

2012 年
東宝版『エリザベート』において、トート役を、山口祐一郎、石丸幹二の三人 によるトリプルキャストの一人として出演を果たす。(勿論全て日本語。) これにより3都市、3ヶ国語でトート役を演じた唯一のアーティストとなる。

契約アーティスト

マテ・カマラス 小林十市
香音 園田
斉藤雅昭 高橋いさを
高橋いさを カリニカ
月影瞳

キョードーファクトリー

キョードー東京

Copyright © KYODO FACTORY INC. All rights reserved